メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

周囲に希望を がんと闘うフットサルの久光重貴選手 検診啓発や小児の支援活動も

がんと闘いながら現役でプレーするフットサルの久光重貴選手=神奈川県小田原市で2019年2月19日午後2時36分、福田智沙撮影

 フットサル界で肺がんと闘いながら現役を続けている選手がいる。元日本代表でFリーグ湘南ベルマーレの久光重貴選手(37)だ。抗がん剤治療を受けながらのプレーは5年を過ぎ、がん検診の啓発や小児がん患者の支援活動にも励む。競泳界では池江璃花子選手(18)=ルネサンス=が白血病と闘い、復帰を目指しているが、久光選手の奮闘も周囲に希望を与えている。【福田智沙】

 12チーム中4位で2月に幕を閉じた今季も元気なプレーを見せた。1、2週間ごとに定期検査を受け、抗が…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです