メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「医師と患者の関係を変えたい」 SNSで情報発信する医師が市民講座を開催

左から、堀向健太さん、山本健人さん、大塚篤司さん=東京都港区の「看護roo!」オフィスで2019年2月10日、西田佐保子撮影

 ツイッターやインスタグラムなどのSNSを中心に医療情報を発信する医師、山本健人さん(ツイッターアカウント名は「外科医けいゆう」)、堀向健太さん(同「ほむほむ@アレルギー専門医」)、大塚篤司さん(同「大塚篤司【医師・医学博士】」)の3人が企画した市民講座「第2回 SNSが作る新たな医療のカタチ in TOKYO」が先月、看護師のコミュニティーサイト「看護roo!」のオフィス(東京都港区)で開催された。イベントはSNSやブログで告知し、30~40代を中心に約110人が参加。誤った医療情報への対応などについて、活発に意見交換した。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り1859文字(全文2132文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです