メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春整枝

新茶の季節前に始まる 入間 /埼玉

 新茶の季節を前に、茶の木を刈り整える「春整枝(はるせいし)」が主産地の入間市で始まっている。新芽が出やすくし、茶摘みの際に古い葉や茎が入らないようにするもので、例年3月中下旬に行われる。

 同市新久の間野園の茶畑(約2ヘクタール)では、今月下旬いっぱいかけて行う。乗用茶摘み機で、一畝ずつ丁寧に古い葉…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. サッカー・ルヴァン杯 26日開催の7試合中止に 新型コロナ感染拡大

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです