メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代を拓く

京の視点 日本文化の象徴であるべき町 日本漢字能力検定協会漢字文化研究所長 阿辻哲次さん(67) /京都

「猪突穏進」と書いた日本漢字能力検定協会漢字文化研究所長の阿辻哲次さん=京都市東山区で、中津川甫撮影

 (1)「猪突穏進(ちょとつおんしん)」は真っすぐ走るが、穏やかに進むという意味の造語だ。猪突猛進はよく使われるが、脇目もふらず進むと失敗が多い。周りに目配りして正しい方向かを見極めながら進むことは、いつの時代も大切だ。特に若者に伝えたい。

 (2)平成は安定に向かった30年だった。昭和は東京五輪や大阪万博があり、70年代の安保闘争時は私は学生で、混乱と発展が非常にダイナミックだったが、平成は万事こじんまりとしていたと思う。

 (3)2010年の常用漢字表の改定。文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会委員として選定に当たった…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文917文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです