メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日曜エッセー

食べごと くらしごと MUSUBIYA日記 「塩焚き」で生まれ変わる /島根

雨雫は山肌に染み込み、何年もかけて再び地表から湧き出す=撮影・一見夏生

 <食べごと くらしごと MUSUBIYA(むすびや)日記>

 最近久しぶりに出会う旧知の人から雰囲気が変わったね、とよく言われる。なんでだろうと自問してみた。心当たりがある。それは、定期的に塩を焚(た)きに行くようになったことだ。

 昨年の神在月(かみありづき)に、「塩を焚きなさい」というお告げの夢を見た。年が明け、大田市静間町の海に面した塩焚き小屋へ通い始めた。塩爺(じい)こと荊尾衛さんに弟子入りして5カ月が経(た)つ。

 国引神話にまつわる三瓶山に降った雨雫(しずく)は山肌に染み込み、何年もかけて再び地表から湧き出し、…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです