メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本製鉄

あす始動 新日鉄住金改め 課題は新興国戦略

日本(にっぽん)製鉄

 国内最大手の鉄鋼メーカー、新日鉄住金は4月1日付で社名変更し、日本(にっぽん)製鉄として生まれ変わる。「日本」を社名に冠し、国内外で存在感を高める。同日付で副社長の橋本英二氏を社長とする新体制も始動する。米国を中心とする保護主義的な通商政策に対応し、需要が増えている新興国市場をいかに開拓するかが問われることになりそうだ。

 社名変更の狙いについて、進藤孝生社長は「日本発祥の製鉄会社としてふさわしい、より包摂的な商号にする」と説明する。2012年10月に旧新日鉄と旧住友金属工業が経営統合し、新日鉄住金が発足してから6年半を迎える。今年1月には国内鉄鋼4位の日新製鋼を完全子会社化し、3月には山陽特殊製鋼も子会社化。多様なグループ企業を抱えることになり「『新日鉄だ』『住金だ』という枠では考えられなくなった」(幹部)という…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです