メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

巨人5-2広島 巨人・原監督、貪欲に初勝利 あと1点、最後まで求め

 巨人が原監督の復帰後初勝利。ゲレーロが四回に先制の2点二塁打、六回にも2点適時打と計4打点の活躍。先発・ヤングマンは走者を背負いながらも緩いカーブを生かし、要所を締めた。広島は鈴木が1号ソロを放つも連打が出なかった。

 過去に通算947勝し、リーグ制覇7回の経験を持つ名将にとっても、復帰後初白星は格別の味。巨人の原監督は「(過去に)何勝かしているけど、覚えてない。初勝利だ。万歳」と大声でおどけてみせた。

 4季ぶりに戻ってきた指揮官の、あくまで1勝にこだわる姿勢は不変だった。際立ったのは4-2の九回無死…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです