メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

中日9-1DeNA 中日・与田監督も笑顔

 中日が与田新監督の下で初勝利。三回に平田が先制の二塁打。四回は堂上、高橋、大野奨の適時二塁打で3点を挙げた。先発・山井は打たせて取り、5回を2安打1失点。救援陣も安定した。DeNAは先発・京山の制球が四回に甘くなった。

 中日打線が40歳・山井の力投に14安打の猛攻で応え、開幕2戦目で与田新監督に初白星をプレゼントした。自身も現役時代に着けた背番号29の山井からウイニングボールを受け取ると、頬を緩めた。

 三回、平田の適時打で先取点を奪った後の四回無死一塁の場面だった。打席に入った堂上は相手先発の京山の直球や変化球に食らいつき、6球目の真ん中低めへの直球をとらえ、右翼への適時二塁打とした。「打つべきボールをしっかり見極めていけた」と堂上。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです