プロ野球

中日9-1DeNA 中日・与田監督も笑顔

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中日が与田新監督の下で初勝利。三回に平田が先制の二塁打。四回は堂上、高橋、大野奨の適時二塁打で3点を挙げた。先発・山井は打たせて取り、5回を2安打1失点。救援陣も安定した。DeNAは先発・京山の制球が四回に甘くなった。

40歳・山井力投

 中日打線が40歳・山井の力投に14安打の猛攻で応え、開幕2戦目で与田新監督に初白星をプレゼントした。自身も現役時代に着けた背番号29の山井からウイニングボールを受け取ると、頬を緩めた。

 三回、平田の適時打で先取点を奪った後の四回無死一塁の場面だった。打席に入った堂上は相手先発の京山の直球や変化球に食らいつき、6球目の真ん中低めへの直球をとらえ、右翼への適時二塁打とした。「打つべきボールをしっかり見極めていけた」と堂上。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文533文字)

あわせて読みたい

注目の特集