メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

平成の名に誇り 地区住民、惜別と感謝 岐阜・関市、熊本市

平成グッズを買い求める人たちでにぎわう「道の駅平成」=岐阜県関市で2019年3月30日、兵藤公治撮影

 5月1日に改められる新元号が4月1日に発表される。現在の元号と同じ「平成」の名が付いた地区の住民たちは、残り1カ月余となった去りゆく時代に名残を惜しみながら、新たな時代に思いをはせている。

元号ブーム再燃 岐阜・関市

 1989年の平成改元時、岐阜県武儀町(現・関市)下之保の平成(へなり)地区は全国で唯一、元号と同じ漢字を使う地名で、多くの観光客が訪れた。まちおこしに関わった住民たちは4月1日、「道の駅平成」に集まって新元号発表の瞬間を迎える。

 山あいの集落は平成改元時に9世帯35人が暮らしていた。しいたけ農園を営む田畑和義さん(64)は「こ…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1505文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 参院選、投票率前回下回る 22日未明に大勢判明
  4. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです