連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

選択的夫婦別姓認められず なぜ日本人同士は一つに強制か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=松尾貴史さん作
=松尾貴史さん作

 会社社長らが「夫婦は同じ姓を名乗る」と定める戸籍法が、「個人の尊重」や「法の下の平等」をうたう憲法に反すると訴えた裁判で、東京地裁が原告の主張を退けた。

 今の日本では、結婚するときに、妻か夫どちらの家の姓を名乗るかを決めなければならず、ほとんどの場合、夫の姓を名乗ることになる。つまり、個人と個人の婚姻ではなく、夫の家に嫁に入ることを強いられる。法律上、直接強いているわけではないけれども、どちらにせよ結婚するときに二人のうちどちらかが姓の変更を強制されることは確かである。そうしたときに、仕事や人間関係で不利益を被ったり尊厳を保てなかったりする人たちがいるのだが、そんなそれぞれの事情など知ったことか、という判決だ。

 「夫婦を別姓にしろ」という話でもないのに、「愛する人とは同じ姓を名乗りたい」という珍妙な理由で反対だという人がいる。それなら同姓を選択すればいいだけのことだ。「別の姓を名乗ると家族の一体感がなくなって家庭崩壊を招く」だの「同じ姓でないと絆が壊れる」だの、言っていることはほとんどオカルトに近い。姓が違うくらいで絆が壊れるならその家族はとっくに崩壊している。

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1354文字)

あわせて読みたい

注目の特集