メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段5連覇に暗雲、第1R痛恨ミス 詰将棋チャンピオン戦

詰将棋解答選手権チャンピオン戦で、解答を答案用紙に書き込む藤井聡太七段(右端)=名古屋市内で2019年3月31日11時11分、丸山進撮影

 東京、大阪、名古屋の3会場で行われている「第16回詰将棋解答選手権」のチャンピオン戦は31日午後0時40分に前半の第1ラウンドを終えた。5連覇を目指す最年少棋士の藤井聡太七段(16)は、手痛い誤記で0・5点減点され、過去6回の優勝経験を持つ宮田敦史七段(37)が50点満点だったため、トップで折り返せなかった。午後2時…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです