日本唯一のキツネ駅長誕生 白石蔵王駅

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 宮城県白石市のJR東北新幹線・白石蔵王駅の「観光駅長」に宮城蔵王キツネ村(同市)で飼育されている雄キツネのゴロが就任した。3日から毎週水曜日、同駅改札口前に設けられた「駅長室」(ケージ)から観光客を出迎える。

 任命式が31日、同駅で行われ、山田裕一市長が「日本で唯一のキツネの駅長としてにぎわいを生み出してほしい」とあいさつ。飼育員に抱かれ…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

あわせて読みたい

ニュース特集