メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号予想各地で盛況 生前退位でお祝い気分に

 新元号発表に向けた予想イベントが31日まで各地で開催され、盛り上がりを見せた。女子高生や老舗商店街の買い物客など幅広い年齢層が予想に参加。最新技術の人工知能(AI)を駆使して新元号を導き出そうとする企業もあった。

 マーケティング会社「アイ・エヌ・ジー」(東京都渋谷区)は3月上旬、渋谷センター街で女子高生300人を対象にした流行調査に、新元号の予想を盛り込んだ。

 結果は「安久(あんきゅう)」が15票でトップ。「平和」が10票で続いた。他にもアイドルグループ名の「嵐」や、人気のスイーツ「タピオカ」などもあった。同社担当者は「友達と相談したり、センター街の看板の文字を参考にしたりしていた。前向きな時代にしたいという思いを感じた」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです