バスケ男子44年ぶり五輪切符の裏に協会改革 2リーグ統合、代表強化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国際バスケットボール連盟は30日、コートジボワールで理事会を開き、2020年東京五輪で男女とも日本に開催国枠を与えると発表した。5人制男子は1976年モントリオール大会以来、44年ぶり7度目の五輪切符を獲得。女子は2大会連続5度目の出場となる。新種目の3人制は男女とも開催国枠が内定し、国際オリンピック委員会(IOC)の承認を経て正式に決まる。

 理事会に出席した日本協会の三屋裕子会長は31日未明、東京都内の日本協会とつないだテレビ電話で「一丸となって五輪に向かっていきたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文801文字)

あわせて読みたい

ニュース特集