メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

月を目指すには=永山悦子

 50年前、米国の宇宙船「アポロ11号」で人類が初めて月へ降り立った。そのアポロ11号のアームストロング船長を描いた映画「ファースト・マン」を見て印象に残ったのが、宇宙飛行士を目指すアームストロングが面接試験を受けるシーン。宇宙へ行く意義を問われたアームストロングは「宇宙飛行で新たな視点を得られれば、これまでとは違う発見ができるかもしれない」と答える。

 アポロ計画は、ケネディ米大統領の「1960年代が終わる前に人類を月へ送る」という宣言から始まった。…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです