メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
映画のミカタ

値上げ100円分の価値、いかに?=勝田友巳

割高の特別料金で上映された「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の初日=猪飼健史撮影

 大手シネコンのTOHOシネマズが、映画料金の値上げを発表した。大人1800円が、6月から1900円になる。値上げは1993年以来という。66サイト619スクリーン、全国の17%を有して業界を引っ張る同社の値上げ、他のシネコンにも影響しそう。

 この26年で消費税率は2度上がったが、映画の基本料金は据え置き。映画ジャーナリストの大高宏雄さんは「人件費や上映システム維持費などが経営を圧迫するのは、他社も同様」と話す。どこも秋の消費税率上げをにらみつつ、値上げの可能性を探っていたのが実情だ。それにTOHOシネマズの親会社東宝は、年間総興行収入の4割近くを占める業界のガリバー。自分のところだけ割安では、ヒット作を上映させてもらえないかも…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文795文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  5. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです