メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」 次代、期待新た 胸膨らむ第一歩

関西大の入学式で学長の式辞を聞く新入生たち=大阪府吹田市で2019年4月1日午前10時半、阿部周一撮影

 新しい元号が発表された1日、新年度もスタート。入社式や入学式などが各地で開かれ、緊張した面持ちの新入生らは、新たな時代への流れを感じながら式に臨んだ。

    関大6700人入学式

     関西大の入学式が1日、大阪府吹田市の千里山キャンパスであり、新入生約6700人が新生活のスタートを切った。芝井敬司学長は式辞で新元号の発表に触れ、「1カ月後には新しい時代が歩みを始める。皆さんも、心新たに希望あふれる大学生活に第一歩を踏み出した。しっかりと歩んでいってください」と激励した。【阿部周一】

    トップ不在の中 大阪府・市発令式

     大阪府知事と大阪市長のダブル選(7日投開票)期間中の府と市では1日、トップ不在の中、新規採用職員の発令式があった。

     市の式は、午前10時半から中央公会堂(北区中之島1)であり、今年度の新規採用者420人が出席。代表の古沢勇人さん(22)が、「全体の奉仕者として誠実かつ公正に職務を実行することを誓います」と宣誓した。式典に臨んだ八木智子さん(22)は「新しいアイデアを生み出すことが期待されていると思う」と取材に話した。府庁でも、457人が入庁した。【真野敏幸】

    大阪府大・市大の統合法人が発足

     大阪府立大と大阪市立大の運営法人を統合した「公立大学法人大阪」(大阪市阿倍野区)が1日発足した。2022年度を目標に、両大学を統合する。理事長には西沢良記・元市立大学長(73)が就任。副理事長兼府立大学長には辰巳砂(たつみさご)昌弘・同大工学研究科長(63)が新任された。ともに任期は4年。副理事長兼市立大学長は荒川哲男学長(68)が再任された。任期は3年。【阿部周一】

    関西みらい銀誕生

     関西みらいフィナンシャルグループ(FG)傘下の近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併し、関西みらい銀行が誕生した。元号発表直前に大阪市中央区の本社であった入社式に出席した新入社員の泰井(たいい)健太さん(22)は、「新たな元号とともに、新たな気持ちでスタートしたい」と笑顔を見せた。式には同行の新入社員約230人と、同じFG傘下のみなと銀行の約80人が参加した。【宇都宮裕一】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです