メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

復興元年に 岡山・真備支所復旧

業務を再開した岡山県倉敷市真備支所の窓口で、市民に応対する職員(左)=同市真備町地区で2019年4月1日午前9時26分、戸田紗友莉撮影

 昨年7月の西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備支所(同市真備町箭田(やた))が1日、豪雨から約9カ月ぶりに全面復旧した。

 3階建ての支所は、豪雨で1階部分が浸水し、昨年8月から2階に部署を集約して業務を続けていた。1階部分の復旧工事がほぼ終わり、この日業務を再開。市民課などが1階に戻り、市本庁舎な…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです