メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

ザ・ぼんち 文化庁芸術祭大賞を起爆剤に 孫持ってなお、収まらず挑む

文化庁芸術祭の大賞に輝いた漫才師のザ・ぼんち=大阪市中央区で、加古信志撮影

 漫才ブームで頂点を極めた後、解散・再結成を経て今も第一線で活躍する「ザ・ぼんち」。昨秋、半世紀近く芸道を歩んできた2人を「アルバムのように見てほしい」と企画した単独ライブが、文化庁芸術祭の大賞に輝いた。「まさかまさか、でした」と受賞を喜び、「コンビとして良い時にいただけた」(里見まさと)、「いい起爆剤になります」(ぼんちおさむ)と今後へのさらなる意欲を語る。

 「ザ・ぼんち 芸道46年分の漫才」と銘打った単独ライブは、昨年10月、ABCホール(大阪市福島区)…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです