メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

ザ・ぼんち 文化庁芸術祭大賞を起爆剤に 孫持ってなお、収まらず挑む

文化庁芸術祭の大賞に輝いた漫才師のザ・ぼんち=大阪市中央区で、加古信志撮影

 漫才ブームで頂点を極めた後、解散・再結成を経て今も第一線で活躍する「ザ・ぼんち」。昨秋、半世紀近く芸道を歩んできた2人を「アルバムのように見てほしい」と企画した単独ライブが、文化庁芸術祭の大賞に輝いた。「まさかまさか、でした」と受賞を喜び、「コンビとして良い時にいただけた」(里見まさと)、「いい起爆剤になります」(ぼんちおさむ)と今後へのさらなる意欲を語る。

 「ザ・ぼんち 芸道46年分の漫才」と銘打った単独ライブは、昨年10月、ABCホール(大阪市福島区)…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです