メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」決定 希望ある時代に

 「新元号」に全国が沸いた。1日午前11時41分、記者会見した菅義偉官房長官が「令和」と墨書された額を掲げた。発表の瞬間を見た人々は、次の時代に思いをはせた。

 福岡市中央区の繁華街、天神地区。大丸福岡天神店では新元号の発表直後に、地下2階の入り口に設置された70インチの大型ディスプレー4面に「令和」の2字が表示された。集まった人からは拍手が湧き、スマートフォンで写真を撮る人もいた。

 同市城南区のネイリスト、西畠佳代子さん(49)は「父の名前にある『和』の字が使われていて親近感が湧…

この記事は有料記事です。

残り1741文字(全文1983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです