メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県教職員5001人異動 01年度以降最多 4年連続で更新 /三重

 県教育委員会は31日、教職員と県教委事務局の人事異動(4月1日付)を発表した。教職員の異動総数は前年度比98人増の5001人で、記録に残る2001年度以降の最多人数を4年連続で更新し、初めて5000人を超えた。児童生徒数の減少や学校統廃合などで教職員定数は減少しているが、02年度に導入した再任用制度を利用する職員が年々増えているのが増加要因だという。事務局の異動は前年度比6人減の231人となっている。

 小中学校の教職員の異動数は前年度比146人増の3639人だった一方、県立学校は同48人減の1362人だった。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです