メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研修

核軍縮進展へ決意新た 10カ国の政府職員ら 広島 /広島

 東南アジアなど10カ国の外務省・防衛省職員らを招き、核軍縮について学んでもらう国連機関の研修プログラムが広島市であった。核超大国の米国とロシアの対立などで核廃絶の動きに停滞感が漂う中、参加者は被爆の実相に触れ、核軍縮の進展に向けた決意を新たにした。

 10カ国はいずれも非核保有国で、研修は途上国の人材育成を行う国連訓練調査研究所(UNITAR)広島事務所が主催した…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです