映画

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」 30分の映像を追加 12月20日公開決定 片渕監督迎えイベント /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
公開日決定を報告し、作品の魅力を語る片渕須直監督=広島市中区の八丁座で、寺岡俊撮影
公開日決定を報告し、作品の魅力を語る片渕須直監督=広島市中区の八丁座で、寺岡俊撮影

 戦中の広島と呉を描き、2016年に公開されてロングヒットとなったアニメーション映画「この世界の片隅に」に新たな映像を加えた「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が、今年12月20日に公開されることが決まった。公開日決定を記念し、中区の映画館「八丁座」で31日、片渕須直監督(58)を迎えた製作状況報告イベントが開かれた。

 新作は、主人公のすずと同世代の女性リンとの交流など昭和19(1944)年秋~20(45)年春のエピソードを中心に、約30分の映像が加わる。この日のイベントでは、新たな映像20カットを入れた45秒の特報映像が上映され、会場の約100人から大きな拍手が起こった。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文474文字)

あわせて読みたい

注目の特集