メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

知事選 さらなる支持獲得へ 終盤、応援相次ぐ 各陣営、訴え懸命 /徳島

 統一地方選前半戦の投開票が7日に迫り、1985年以来34年ぶりの保守分裂選挙となった知事選では、県外から政党幹部らが相次いで応援演説に立っている。新人で元小松島市議の天羽篤氏(68)=共産▽現職の飯泉嘉門氏(58)=無所属▽新人で元県議の岸本泰治氏(61)=無所属=の3候補は応援を追い風に、終盤戦でさらなる支持獲得を目指す。【統一地方選取材班】

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです