メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

熊本・イチゴ「ゆうべに」 菓子に映える鮮やかさ /熊本

 熊本県が2014年に開発した新品種「ゆうべに」の登場以来、県産イチゴの売れ行きが好調だ。「ゆうべに」は鮮やかな紅色で甘さと酸味のバランスが良く、需要が高まるクリスマス前から安定的に出荷できるため、農家の所得向上にもつながっている期待の星だ。

 熊本市から北に車で約1時間。菊池市森北のビニールハウス内には甘い香りが漂い、足元に約5センチほどの大粒の「ゆうべに」が実っていた。

 採れたての一粒を食べると、甘酸っぱい香りとフレッシュな果汁が口の中に広がる。栽培している宮川忠正(…

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1169文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ザギトワ選手 首相にマサルのぬいぐるみ 官邸表敬
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  4. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです