メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

新元号、典拠は? 漢籍、伝統と権威/和書なら「話題性」

 政府が1日に発表する「平成」に代わる新元号の漢字2文字には、「国民の理想としてふさわしい意味」が込められる。その2文字は、どんな書物を典拠として選ばれるのか。日本の元号はこれまで、漢籍を出典とする伝統を踏襲してきた。今回、初めて日本古典が引用されるかどうかという「話題性」でも注目されている。

引用、五経が多く

 出典が明らかな10世紀以降の日本の元号は、全て漢籍から引用されている。回数が多いのは「五経(ごきょう)」と呼ばれる儒教書だ。紀元前の中国で成立しており、最古の歴史書「書経」が36回と最多。次いで「易経」27回。最古の詩集「詩経」も8番目の15回引用された。

 日本でも知られる歴史書「史記」などの後世の漢籍からの引用もあるが、もとをたどると五経に由来する表現…

この記事は有料記事です。

残り2440文字(全文2774文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです