メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

新元号、典拠は? 漢籍、伝統と権威/和書なら「話題性」

 政府が1日に発表する「平成」に代わる新元号の漢字2文字には、「国民の理想としてふさわしい意味」が込められる。その2文字は、どんな書物を典拠として選ばれるのか。日本の元号はこれまで、漢籍を出典とする伝統を踏襲してきた。今回、初めて日本古典が引用されるかどうかという「話題性」でも注目されている。

 出典が明らかな10世紀以降の日本の元号は、全て漢籍から引用されている。回数が多いのは「五経(ごきょう)」と呼ばれる儒教書だ。紀元前の中国で成立しており、最古の歴史書「書経」が36回と最多。次いで「易経」27回。最古の詩集「詩経」も8番目の15回引用された。

 日本でも知られる歴史書「史記」などの後世の漢籍からの引用もあるが、もとをたどると五経に由来する表現が多い。「古い書物ほど権威がある」とされるのはこのためだ。中国の漢字文化のもとで書かれた和書を典拠としても、「孫引きと言われかねない」(漢学者)状況がある。

この記事は有料記事です。

残り2370文字(全文2774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです