メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

戦争の「加害」描く番組 歴史正確に残すために

1993年、毎日新聞のインタビューに答える牛山純一=荒牧万佐行撮影

 平成が始まった1989年の8月14日。夜8時から終戦特集のドキュメンタリー「あの涙を忘れない!」がテレビ朝日で放送された。昭和のテレビでは積極的に取り上げてこなかった36年間の日本の朝鮮半島支配の負の側面を取り上げた番組だった。

 監督は牛山純一(1930~97年)。テレビ放送が開始した53年に日本テレビに入社し、数々のドキュメンタリーを作った後、独立して「日本映像記録センター」を設立していた。番組は牛山とスタッフが、ソウルの南約50キロにある韓国・華城(ファソン)郡の村に約2カ月滞在。19年の「3・1独立運動」の弾圧など日本支配の実態について証言を集めた。番組では創氏改名を拒否して自ら井戸に体を沈めた男性や、連れて行かれた南樺太(サハリン)から戦後帰れず、家族と引き裂かれた人たちも描いた。サハリンにも取材班を送った。ギャラクシー賞優秀賞や日本民間放送連盟賞・番組部門テレビ報道の最優秀に選ばれた。

 日本映像記録センターでは以前から戦争の加害の側面を描く番組作りの構想があったというが、実現していな…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです