メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元号

昭和→平成改元、記録公開いつ? 政府、保存5年延長

旧首相官邸の大食堂で開かれた各界有識者による「元号に関する懇談会」。小渕恵三官房長官が各出席者に「平成」などの新元号案を示し、意見を求めた=1989年1月7日

 政府は1989年1月に元号を平成に改めた経緯の記録を内閣府に保存したまま、主要な部分の情報公開請求にも応じていない。今年3月末で保存期間の30年を迎えたが、歴史的公文書の保管と公開を担う国立公文書館(東京都千代田区)へ記録を移さず、保存期間を5年間延長することを決めた。記録を現状で公開しない対応や、公文書館への移管を先延ばしした判断は妥当なのか。いつ公開されるのか。識者に聞いた。【青島顕、野口武則】

この記事は有料記事です。

残り2626文字(全文2828文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです