メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

物理学者・米沢富美子さん=1月17日死去・80歳

=2009年5月4日、津村豊和撮影

仕事に燃焼し続け 米沢富美子(よねざわ・ふみこ)さん=心不全のため、1月17日死去・80歳

 手もとに頂いた著書が十数冊と、同封された手紙がある。手紙には「研究人生における成果のハイライトは、『不規則系の物理』と『金属-非金属転移の物理』にまとめました」、続いて「早速、次の本の執筆にかかっています。休みなしで、次々と仕事のあるのは幸せなことです」と書かれている。私は「この情熱はどこから湧き出てくるのか」と、小柄な米沢さんの全てが絶えず燃焼し続けているのに接した思いだった。

 米沢さんは、物理学への情熱を持ちながら女性科学者支援にも取り組んだ。「女性科学者に明るい未来をの会」の会長になるとすぐに法人化に着手し、会長が誰でも活動を継続できる体制を築いた。女性初の日本物理学会長として、面目躍如の最たるものだ。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. サッカーキング リュディガー、トッテナムファンの反応に失望「人種差別が勝利した」

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです