メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

キユーピー(東京都)/下 食育・貧困対策を支援

毎分600個の鶏卵を扱うことのできる割卵機=キユーピー提供

 <since 1919>

良い商品は良い原料からしか生まれない

 マヨネーズに使う鶏卵は割卵機で2枚の刃によって割られる。卵白が下の容器に落ち、卵黄だけが残される。茨城県五霞町のキユーピー五霞工場では、1日に約80万個の鶏卵を扱う。卵黄や卵白はもちろん、卵殻はカルシウム補給の食品やチョーク、卵殻膜は化粧品の原料などに利用される。田中大喜工場長は「卵は100%有効活用しています」と話す。キユーピーグループ全体の鶏卵取扱量は年間約25万トン。日本で生産される鶏卵の約10%を占める。

 たまごの名称をつけた「キユーピーみらいたまご財団」が2017年に設立された。「思いを共有しうる団体…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです