メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

性楽しんで、百貨店にグッズ

阪神メンズ東京にオープンした、アダルトグッズメーカー「TENGA」常設店。商品をかたどったオブジェが置かれ、カラフルな店づくりでにぎわう=宮本明登撮影

 東京・有楽町の「阪急メンズ東京」に、大手アダルトグッズメーカー「TENGA(テンガ)」の常設店がオープンした。百貨店がアダルトグッズの専門店を常設するのは初めてという。タブー視されてきた「性」。少しずつ変化が訪れている。

 ●妊活サポート品も

 常設店は「TENGA STORE TOKYO」。阪急メンズ東京の改装に合わせて出店された。2011年に阪急メンズ東京が開業して以来の大規模リニューアルで、フロアの3分の2近くに手を入れたという。常設店は、先端のストリート系ショップが集まる6階に入った。

 オープン初日の3月15日は、300人を超える客が訪れた。店内には、男性とカップル向けの自慰行為用アダルトグッズなど143種類のアイテムがポップに展示されている。Tシャツや小物などの日用雑貨も置かれ、海外の人気ファッションブランドとコラボしたトートバッグなどもある。男性の「妊活」(妊娠に向けての活動)をサポートする精子観察キットや、精子を育てる「精育支援サプリ」、膣(ちつ)内射精障害など男性機能の…

この記事は有料記事です。

残り1565文字(全文2013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです