メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

防災を学んで備え憂いなし 和歌山県広川町の試み

浜口梧陵の功績を来館者に説明するガイド役の広小学校6年生=和歌山県広川町広の「稲むらの火の館」で2018年10月(同校提供)

 <kyoiku no mado>

 南海トラフ巨大地震による津波被害が懸念される和歌山県広川町が、小中学校の防災教育に力を入れている。町は、安政南海地震(1854年)の際、稲わらに火を付けて村人を高台に誘導し、多くの命を救った故事「稲むらの火」で知られる豪商・浜口梧陵(ごりょう)(1820~85年)の出身地。先人の教えを胸に、児童生徒たちは「備え」の大切さについて学んでいる。【木原真希】

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1658文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです