新元号

明るく予想 「安久」「平和」…期待を込め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都三条会商店街で行われた「新元号予想キャンペーン」=京都市中京区で2019年3月28日午後1時28分、川平愛撮影
京都三条会商店街で行われた「新元号予想キャンペーン」=京都市中京区で2019年3月28日午後1時28分、川平愛撮影

 新元号発表に向けた予想イベントが31日まで各地で開催され、盛り上がりを見せた。女子高生から老舗商店街の年配の買い物客まで、幅広い年齢層が予想に参加。最新技術の人工知能(AI)を駆使して新元号を導き出そうとする企業もあった。【奥山はるな、堀智行】

 マーケティング会社「アイ・エヌ・ジー」(東京都渋谷区)は3月上旬、渋谷センター街で女子高生300人を対象にした流行調査に、新元号の予想を盛り込んだ。

 結果は「安久(あんきゅう)」が15票でトップ。「平和」が10票で続いた。他にもアイドルグループ名の「嵐」や、人気のスイーツ「タピオカ」などもあった。同社担当者は「友達と相談したり、センター街の看板の文字を参考にしたりしていた。前向きな時代にしたいという思いを感じた」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1225文字(全文1561文字)

あわせて読みたい

注目の特集