メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

クラフトビールのすそ野が広まるワケ。その立役者「タップマルシェ」の現在地とは?(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

クラフトビールの認知が少しずつ広まる昨今。このムーブメントの拡大に、外食シーンで期待されているのがキリンの「Tap Marché」(タップマルシェ)です。これは、お店が気軽にクラフトビールを提供できるようにしたサーバーのことなのですが、本稿では改めてその現在地や、クラフトビール市場の状況などを紹介したいと思います。

 

 

開始2年で全国7000店に設置されている

タップマルシェの展開が始まったのは2017年4月。当初は首都圏一都三県でスタートし、2018年3月より全国へ。その累計は設置店舗数が7000を突破し、2019年は1万3000店を目指して拡大を続けています。

↑これがタップマルシェ。写真の4種を提供できるタイプと、2種のコンパクトサイズがあり、カラーパターンは7色あります

 

↑機械もボトル(重い樽ではなく3Lのボトル)もコンパクトなので、お酒がメインでなくても設置できる点がお店にとってのメリット。写真は恵比寿のそうめん専門店「そそそ」

 

設置店舗の数と同じように拡大しているのが、取り扱い銘柄。こちらは当初8種類からスタートしましたが、加盟するブルワリーと併せて商品数も増え、2019年3月時点で24種類に。

↑2018年の初夏に仲間入りしたのが伊勢角屋麦酒(鈴木成宗代表/写真左)とFar Yeast Brewing(山田司朗代表/写真中央左)。中央右は常陸野ネストビールの谷幸治製造長、右はキリンビールの山田精二企画部部長

 

そのうち、2019年に入って加わったのが、宮崎ひでじビールの「九州CRAFT日向夏」、小西酒造の「スノーブロンシュ・ジャパン・ホワイトエール」、盛田金しゃちビールの「金しゃち名古屋赤味噌ラガー」、DHCビールの「DHC Premium RICH ALE」と盛りだくさん。

 

それぞれ九州、近畿、東海エリアのブルワリーですが、直近で参画したのは東京。“真の東京クラフトビール”として名を馳せる、石川酒造の「TOKYO BLUES セッションエール」です。

 

↑石川酒造の「TOKYO BLUES」。今回タップマルシェに加わったのは、白いラベルのセッションエールで、左はゴールデンエール、右はシングルホップウィートです

 

「TOKYO BLUES セッションエール」のタップマルシェ追加に際しては試飲を兼ねた発表会が開催され、筆者も参加してきました。ストーリーや味わいなど、その真価を紹介していきましょう。

お酒が強くない“柑橘苦味派”に最適なビール

「TOKYO BLUES」を醸造する石川酒造は、創業1863年(文久3)、東京・福生に酒蔵を構えた老舗。ビール造りには明治20年(1887年)に着手し、品質には高評価を得たものの、世間はまだビールを受け入れる体制になく、撤退した歴史をもっています。

↑5代目の石川彌八郎代表。自らもブルースミュージシャンであり、「楽しさはもちろん、憂鬱や悲しみにも寄り添うブルースのようなビールでありたいです」とスピーチしました

 

その悲願を果たしたのが、現当主となる5代目・石川彌八郎さん。1998年よりビール醸造を再開し、熱い想いを集結させたのが「TOKYO BLUES」です。大きな特徴が、東京の地で醸し、東京の天然水だけを使い、東京の名を冠していること。だから“真の東京クラフトビール”なのです。

↑タップマルシェはこのような形でサーブ。一般的なサーバーと扱い方は同じです

 

「TOKYO BLUES セッションエール」は、同ブランドの第1弾としてデビュー。セッションエールは、苦みや飲みごたえがありながらも、酔いすぎずに長くドリンキングセッション(=飲み会)を楽しむために生まれたビアスタイルで、アルコール度数がIPAなどより低いのが特徴です。

↑「TOKYO BLUES セッションエール」。瓶は1本503円で発売されています。ちなみに、音楽用語でもセッションという用語はあり、もしかしたら狙ったのかもしれません

 

本商品のホップには柑橘系の香りが華やぐ「シトラ」と「アマリロ」を大量に使用し、苦味の指標となるIBUは44.7と十分なパワー(「よなよなエール」のIBUは41)。それでいて、アルコール度数は4.5%と低めな仕上がりです。

 

飲んでみると、凝縮感のあるジューシーな苦みが鮮烈で爽快。でもボディとしてのパンチはライトなので、ゴクゴクいけちゃう飲みやすさもあります。柑橘系ホップの効いた苦いビールが好きだけど、お酒はあまり強くないという人にはぴったりでしょう。お店で見かけたら、ぜひトライをオススメします。

 

 

クラフトビールはやっぱり元気!

タップマルシェを積極展開するなど、大手メーカーのなかでは最もクラフトビール熱が高いキリン。最新の取り組みを聞くと、直営店ではより攻めたビールを造っているとのことで、こちらも取材しました。

↑東京と京都の直営店で限定のビールとペアリングスイーツを発売中。醸造ぶんがなくなり次第終了で、4月中旬が目安とのことです

 

今春の取り組みのひとつが、花見シーズンに合わせた桜のビール。これまでも直営クラフトビールレストラン「SPRING VALLEY BREWERY」(SVB)の東京店ではシーズナルで発売してきましたが、今年は京都店も巻き込んで、東京は白、京都は赤いビールをスイーツとともに限定発売しています。

↑SVB東京で発売中の「サクラブラン」は360mlで930円。爽やかな「桜のブランマンジェ」(650円/奥)、桜あんと小倉あんを使用した「二種の桜クリーム大福」(850円/手前)とともに

 

↑SVB京都は「サクラルージュ」を360ml、930円で提供。桜の塩漬けと梅酒のゼリーにラズベリークリームムース、 抹茶スポンジケーキを三段に重ねた「桜のゼリーとラズベリームース黒ごまのチュイール添え」(900円)が同時発売中

 

ビールの味わいは、どちらも桜葉の塩漬けを使っているだけあって、甘やかな塩味が特徴。スイーツを食べることによってその特徴がより前面に出てくる印象です。そして東京の「サクラブラン」はバナナを思わせるフルーティな香味、京都の「サクラルージュ」は柔らかな飲み口が特徴で、驚きのおいしさでした。

 

さらにSVBは今春、日本各地の名産品を使用して限定醸造するシリーズもスタート。第1弾は広島産の「因島はっさく」を使ったビールを発売するとのことで、どんどんクラフトビールのすそ野を広げていくそうです。

↑クラフトビールは市場における生産量が増えるととともに、シェアも拡大しています

 

ビール類全体としては缶チューハイなどに押されていますが、クラフトビールはやっぱり元気。今後もこのトレンドを追いつつ最新状況をレポートしていきたいと思います!

 

【関連記事】
世界に誇る伝説のホップ「ソラチエース」を使ったビールが270円で発売
【街中華の名店】「秀永」の「ほんこん飯&とりめし」は高田馬場の中華遺産だ
画像1枚でわかるーー「最新サワー・飲料系グミ」の「味」と「歯ごたえ」をマッピング!
「省エネ」は家電だけじゃない!プロが伝授する省エネレシピで作った本格中華を実食した
1位はダイエット中なのに…ウマすぎて手が止まらん! カルディのおしゃれ菓子「ガレット」ランキング

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです