新元号「令和」 官房長官一問一答 万葉集「初春の令月にして、気淑く風和(やわら)ぎ…」引用

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉官房長官は1日、記者会見で「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と発表した。菅官房長官の会見での主な発言は以下の通り。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 菅官房長官の発言:この新元号については本日、元号に関する懇談会と、衆議院および参議院の議長および副議長のご意見をうかがい、全閣僚において協議のうえ、閣議において決定したものであります。

 新元号の典拠について申し上げます。「令和」は万葉集の梅の花の歌32首の序文にある「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」から引用したものであります。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文908文字)

あわせて読みたい

注目の特集