メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号 情報管理に首相官邸は細心の注意 閣僚の電話も預かる

 新元号選定の主舞台になった首相官邸には1日早朝から幹部が続々と集まり、緊張感に包まれた。有識者による「元号に関する懇談会」、全閣僚会議、臨時閣議など一連の手続きの中で情報が漏れないよう、政府は閣僚の携帯電話を預かるなど細心の注意を払った。

 安倍晋三首相は午前9時過ぎ、官邸に入る際、「今日の東京は気持ちのいい青空で、満開の桜がきれいだ」と語り、新元号選定にあたって繰り返してきた「新しい時代」にふさわしい一日だという思いを記者団に披露した。

 官邸の事務方トップの杉田和博官房副長官は首相より早く午前8時前に出勤。首相秘書官や首相補佐官らが続…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文970文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです