「令和の時代へ 準備万端、万全を期す」 安倍首相会見の一問一答(2)止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新元号「令和」に関する安倍晋三首相の記者会見での一問一答の続きは次の通り。【統合デジタル取材センター】

――平成の発表の際と異なり、自ら談話を読み上げた理由は。

 ◆今回、元号を発表するにあたり、誰が発表するのかという議論があったかと思います。新しい元号は本日、政令という形で閣議決定しましたが、通常、閣議の内容は、官房長官が公表しております。そのため今回も、新元号につきましては、平成の時と同じように官房長官が発表することといたしました。

 そのうえで平成の改元時には、当時の竹下(登)総理の談話が発表されています。当時は総理大臣が会見を行うということは極めてまれでありましたが、平成の30年を経て、総理大臣が直接発信する機会も増大をしました。

この記事は有料記事です。

残り1618文字(全文1939文字)

あわせて読みたい

注目の特集