10連休で3300億円増 改元による経済効果は?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 改元による経済効果について、第一生命経済研究所は4月末から5月初旬の10連休で旅行需要が増加すると見込む。平日2日が休日になることで、例年は分割されたゴールデンウイークが連続し、総日数も9日から10日に増えることで、期間中の旅行消費は前年比3323億円(28.9%)増の1兆4824億円になると試算。新年の一般参賀の入場者数が今年は前年比2割増で平成最多になるなど、東京都内への観…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集