メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大哲学者も悩んだ…西田幾多郎の就活展 石川・かほく市

就職への苦悩をつづった西田幾多郎直筆の手紙など=かほく市内日角で2019年3月28日午後2時42分、石川将来撮影

 日本を代表する哲学者・西田幾多郎(1870~1945年)の就職にまつわる苦悩を紹介する企画展「西田幾多郎の就活」が、出身地・石川県かほく市にある県西田幾多郎記念哲学館で開かれている。9月23日まで。

 西田は帝国大(現東京大)選科修了後、開校したばかりの石川県尋常中学校に英語教師として赴任することが内定していたが、直前に学校側が別の候補者の採用を決定。恩師や知人の紹介で翌春、同校七尾分校で倫理などを教え始めたが、すぐに校舎が火災に遭い廃校になった。その後も、旧制四高(現・金沢大)で…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです