メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・真備支所が全面復旧 西日本豪雨被災

岡山県倉敷市真備支所が全面復旧し、職員に向けてあいさつする伊東香織市長=同市真備町で2019年4月1日午前8時17分、戸田紗友莉撮影

 昨年7月の西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備支所(同市真備町箭田(やた))が1日、豪雨から約9カ月ぶりに全面復旧した。

 3階建ての支所は、豪雨で1階部分が浸水し、昨年8月から2階に部署を集約して業務を続けていた。1階部分の復旧工事がほぼ終わり、この日業務を再開。市民課などが1階に戻り、市本庁舎な…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです