メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平成筑豊鉄道」社長、新元号の発表に「今の社名を大事に」

 平成と同時に誕生した福岡県などの第三セクター「平成筑豊鉄道」(同県福智町)の河合賢一社長(48)は、新元号の発表にも「今の社名を大事にして地域の足を守る」と決意を新たにする。沿線人口は減少が続くが、3月21日から運行を始めた観光列車を売りに「新時代に新しい姿をみせたい」と希望を抱く。

 同県直方市と行橋市を結ぶ伊田線・田川線など旧国鉄の赤字3線を引き継いで1989(平成元)年10月に開業した。当初の略称は「平鉄(へいてつ)」だったが、利用者は自然と「平筑(へいちく)」と呼び親…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです