メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平成筑豊鉄道」社長、新元号の発表に「今の社名を大事に」

 平成と同時に誕生した福岡県などの第三セクター「平成筑豊鉄道」(同県福智町)の河合賢一社長(48)は、新元号の発表にも「今の社名を大事にして地域の足を守る」と決意を新たにする。沿線人口は減少が続くが、3月21日から運行を始めた観光列車を売りに「新時代に新しい姿をみせたい」と希望を抱く。

 同県直方市と行橋市を結ぶ伊田線・田川線など旧国鉄の赤字3線を引き継いで1989(平成元)年10月に開業した。当初の略称は「平鉄(へいてつ)」だったが、利用者は自然と「平筑(へいちく)」と呼び親…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです