メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号入り「最速」ぐい飲み 発表から2分27秒で加工、販売開始

新元号を刻印したぐい飲み=広島県福山市御幸町中津原のキャステムで2019年4月1日午前11時50分、松井勇人撮影

 新元号をいち早く製品化する試みも――。広島県福山市の金属精密加工「キャステム」(戸田拓夫社長)は「日本最速の新元号グッズ発売」に挑戦。レーザー刻印で「令和」と彫り込んだすず製のぐい飲み(直径5センチ、高さ7センチ、重さ300グラム)を製作、2分27秒で販売開始した。

 この日午前から、社員は新元号発表を中継するテレビを注視。午前11時41分、菅義偉官房長官が「令和」の文字を掲…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです