メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食堂や売店での使い捨てプラ禁止、省庁でスタート

環境省が入る中央合同庁舎第5号館では、トレーを持参して弁当を購入する職員もいた=東京都千代田区で2019年4月1日午前11時54分、大場あい撮影

 プラスチックごみ削減のため、国の省庁内で1日、食堂や売店のレジ袋など使い捨てプラスチックが原則使用禁止になった。客は商品をそのまま受け取ったり、持参した手提げ袋に入れたりして持ち帰った。ただ、必要な客には提供し、弁当の容器は代替品がないとの理由で使うことができるなど不徹底なスタートとなった。

 省庁と独立行政法人に対し、環境に配慮し…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです