メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号、希望託す列島 「僕らがつくる」「何とかなったなと」「個人が輝いて」

 「新しい元号は、『れいわ』であります」。午前11時41分。菅義偉官房長官が墨書された「令和」を掲げた瞬間、列島各地で待ち構えていた人たちはさまざまな表情を見せた。

 桜の見ごろに合わせて一般公開され、全国からの観光客でにぎわう皇居・乾通り。立ち止まってスマートフォンで記者会見の中継を見た人たちから「れいわだって?」などの声が上がった。京都市左京区の京都大大学院1年、永井健太郎さん(22)は「これからの20年、30年を僕らがつくるという気持ちで新しい時代を迎えたい」と意気込んだ。

 大型ビジョンがあるJR新宿駅東口のスタジオアルタ前では、スマートフォンのカメラのシャッターを切る人…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文839文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです