メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「石碑つくらないと」新元号ゆかりの太宰府 跡地の宮司びっくり

 新元号「令和」の引用元となった万葉集の序文に記された「梅花の宴(うたげ)」は、現在の福岡県太宰府市に置かれた朝廷の出先機関「大宰府」の長官を務めた大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅で天平2(730)年の正月に催された。市内には大伴邸跡などゆかりの地もあり、関係者は予想もしていなかった新元号との縁を喜んだ。

 「おおごとになった。中国古典から出典されると思っていたのでびっくりしている」。市内にある坂本八幡宮の御田良知(みたよしとも)宮司(59)は、新元号発表に驚きを隠せない。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです