メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「石碑つくらないと」新元号ゆかりの太宰府 跡地の宮司びっくり

 新元号「令和」の引用元となった万葉集の序文に記された「梅花の宴(うたげ)」は、現在の福岡県太宰府市に置かれた朝廷の出先機関「大宰府」の長官を務めた大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅で天平2(730)年の正月に催された。市内には大伴邸跡などゆかりの地もあり、関係者は予想もしていなかった新元号との縁を喜んだ。

 「おおごとになった。中国古典から出典されると思っていたのでびっくりしている」。市内にある坂本八幡宮の御田良知(みたよしとも)宮司(59)は、新元号発表に驚きを隠せない。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです