メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

包み紙使ったウクライナ大統領候補の肖像画、題名は「汚職の顔」

 3月31日に大統領選が行われたウクライナで、現職のペトロ・ポロシェンコ候補の経営会社が製造した菓子の包み紙や薬莢(やっきょう)を使い、同候補の肖像画が制作された。キエフで27日撮影(2019年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

[PR]

 [キエフ 31日 ロイター] - 3月31日に大統領選が行われたウクライナで、現職のペトロ・ポロシェンコ候補の経営会社が製造した菓子の包み紙や薬莢(やっきょう)を使い、同候補の肖像画が制作された。

     タイトルは「汚職の顔」。2人のアーティストがさまざまな隠された意味を込め、20キログラム分の菓子の包み紙を使って作り上げたという。同候補は過去に経済発展・貿易相などを務め、「チョコレート王」として知られる

     制作者の1人であるダリア・マルシェンコさんはキエフでロイターの取材に応じ、空っぽの包み紙は5年前に親ロシア派のヤヌコビッチ氏に代わって大統領に就任したポロシェンコ候補の「中身を伴わない」約束を象徴したものだと説明した。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

    2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

    3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

    4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

    5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです