メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

米文豪ヘミングウェイの作品保存施設、キューバで開館

 3月30日、米国出身のノーベル賞作家アーネスト・ヘミングウェイ氏の作品を修復・保存する施設が、同氏が居住したキューバで開館した。キューバの文化施設保全当局と、米国のフィンカ・ビヒア基金が建設した。(2019年 ロイター/Alexandre Meneghini)

[PR]

 [サンフランシスコ・デ・パウラ(キューバ) 30日 ロイター] - 米国出身のノーベル賞作家アーネスト・ヘミングウェイ氏の作品を修復・保存する施設が3月30日、同氏が居住したキューバで開館した。キューバの文化施設保全当局と、米国のフィンカ・ビヒア基金が建設した。

     ヘミングウェイはハバナ近郊のサンフランシスコ・デ・パウラにある「フィンカ・ビヒア」と呼ばれた6ヘクタールの邸宅に21年間住み、何冊もの著名な作品を書き上げた。この邸宅は博物館となっている。

     米国のジム・マクガバン下院議員は落成式で「われわれが集まり協力すれば、前向きで素晴らしいことが可能になる」と述べ、米国とキューバの関係強化を呼び掛けた。

     現地の専門家によると、ヘミングウェイは「誰がために鐘は鳴る」を発表する1年前の1939年にフィンカ・ビヒアへ移り住み、「老人と海」「移動祝祭日」「海流のなかの島々」を執筆した。

     キューバ革命から1年強後の1960年にキューバを離れ、翌年、61歳の時に米アイダホ州で自殺した。うつに悩んでいたといわれる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

    3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

    5. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです