メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

家族じゃなくても愛情料理 「スーパー家政婦」タサン志麻さんの思い 作るより食べる時間を大切にして

タサン志麻さん=東京都葛飾区で2019年3月22日、梅村直承撮影

 家政婦のニーズが高まっている。「お金持ちのお手伝いさん」という印象は今は昔。家事を職業とする女性がヒロインのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が社会現象となったり、「スーパー家政婦」のタサン志麻さん(39)が人気を呼んだりして、利用者は広がった。共働きが増えても女性に家事負担が偏りがちな現代で、この職業が注目されている。【鈴木梢】

 「今はやりがいがあると胸を張って言えますが、始めた当初は家政婦をしていると誰にも言えませんでした」。志麻さんが家事代行サービスで働き始めたのは2015年。当初、家政婦の仕事は掃除がメインで、有名フランス料理店などで15年間腕を磨いた志麻さんにとっては畑違いに思えた。

この記事は有料記事です。

残り2641文字(全文2941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです