メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

藤山直美 つらさ、寂しさ魅力 「吉本興業の剛腕興行師」演じる

藤山直美=小玉祥子撮影

 藤山直美が、吉本興業を作り上げた剛腕興行師の半生を描く「笑う門には福来たる~女興行師吉本せい~」に主演する。5月が大阪松竹座、7月が東京・新橋演舞場。

 矢野誠一の評伝を原作に小幡欣治が脚色、森光子が主演した「桜月記」が下敷き。佐々木渚の脚本、浅香哲哉の演出で、藤山は2014年に初演したが、16年の大阪松竹座公演終了後に病気が発覚したため手術から療養生活に入った。

 「ターボで走っていたのが、普通のエンジンに積み替えたような感じです。去年の暮れに還暦(60歳)を迎…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです