メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
美食地質学入門

第13講 ワカメ 鳴門の渦潮がアメとムチ

(手前中央から時計回りに)ワカメとタケノコのゼリー寄せ、ワカメとタイのしゃぶしゃぶ、ワカメとタイの鳴門揚げ、変わりワカメ雑炊=大阪市阿倍野区で、大西達也撮影

 今が旬のワカメは、海流の速い鳴門海峡周辺で取れたものがいいそうだ。鳴門といえば渦潮。ワカメと渦潮を生むメカニズムを探ります。

 連載1年を経て、ついに大引伸昭先生(エコール辻大阪)が厨房(ちゅうぼう)に初登板。でもワカメがメインの料理って? 想像もつかないが、調理する大引先生とマグマ学者の巽好幸先生が、調理台を挟んで向かい合い、お互いに満足そう。「作るのは楽しいですわ」と満面の笑みの大引先生と相対して、巽先生は「目の前で作ってもらうのっていい。注文してしまいそう」とノリノリです。さて、鳴門のワカメがいいワケは?

大引「潮の流れが速い所で育つので、弱い部分が流されて強いワカメだけ残る。四国の川から流れ込む栄養分に…

この記事は有料記事です。

残り2005文字(全文2313文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです